本ページはプロモーションが含まれています

40代で手取り25万円は負け組?中高年の平均年収を調査しました!

コラム40代,年収

ムネオ
ムネオ

ビルメンテナンスの仕事をしてるんだが、40代で手取りが25万円しか無いんだよね・・。
これって負け組かな?

40代で月の手取りが25万円と聞くと、「負け組」と感じる人もいるかもしれません。

しかし、手取り25万円が少ないと感じるか、十分と感じるかは、個々の生活状況や価値観、さらには地域によって大きく異なります。

まずは、自分の収入を評価する前に、収入だけでなく生活費や生活水準、将来の計画などを総合的に考慮することが重要です。

この記事では、40代で手取り25万円の生活がどのようなものか、40代の平均年収はどのくらいなのかについて、統計データをもとに私の意見を紹介します。

そして、この収入で充実した生活を送るためのヒントや、収入を増やすための具体的な方法についても紹介していきますので是非最後までご覧ください。

40代前半・後半の平均年収と手取りは〇〇万円!

まずは、日本で働く40代の平均年収と手取りを調査したので紹介します。

国税庁や厚生労働省の統計データによると、40代前半(40~44歳)の平均年収は約476万円40代後半(45~49歳)は約499万円となっていました​。

これらの数値には正社員だけでなく、パートタイムや派遣社員などの非正規雇用も含まれているため、正社員だけに限定すればこれよりも高い金額になります。

次に40代前半と40代後半に分けて平均手取り額を紹介します。

ちなみに手取り額とは、年収から各種税金や社会保険料を差し引いた後の金額のことです。

年収手取り月額(12か月で割って、税金などを引く)
40代前半約476万円約31万円
40代後半約499万円約33万円

以上より、40代で手取り25万円は日本人の平均以下ということがわかります。

ムネオ
ムネオ

やっぱ負け組やないか・・。

そんなことは無いと思います。
いくら給料が良くても仕事によるストレスで病気になってしまう人もいますからね!
ビルメンテナンスのような精神的負荷が少ない仕事で細く長く生きるのも正解だと思います。
【関連記事】ビルメンとはこんな仕事

ヘタ・レイ
ヘタ・レイ

他の年代の平均年収は?【男女別に紹介】

参考資料として他の年代の平均年収を男女別に掲載しておきます。

やはり年収が一番高くなるのは、勤続年数が一番長くなる50代のようですね。

50代後半の男性になると約668万円という結果になっていました。

年代男性女性
20代前半277万円241万円
20代後半393万円316万円
30代前半458万円309万円
30代後半518万円311万円
40代前半571万円317万円
40代後半621万円321万円
50代前半656万円319万円
50代後半668万円311万円
60代前半521万円257万円
60代後半421万円208万円
70歳以上327万円191万円
引用元:賃金構造基本統計調査

40代の平均年収は様々な要素で決まる

同じ40代でも、業種や働く企業の規模等によって平均年収に大きな差が出ることは誰にでも想像できることだと思います。

ムネオ
ムネオ

ワシも大手メーカーとかで働きたかったわい。

ここでは、業種や勤務先の規模による年収の差について紹介します。

業種・勤務先による年収の違い

40代の平均年収を調査したところ、業種や勤務先の規模によって大きな違いがありました。

ちなみに、規模の大きい企業に勤めているほど平均年収が高くなる傾向にあります。

大企業では平均年収が高いだけでなく、福利厚生もしっかり整えられているため、給料以外にも働きやすい環境が用意されています。

例えば、40代前半の平均年収460万円に近い業種としては、「運輸業・郵便業」が443万円、「複合サービス業」が477万円などがありました。

年収300万円以下の40代が多い業種

業種によっては、年収が300万円を下回るものも存在します。

最低水準とされているのが「宿泊業・飲食サービス業」です。40代前半の平均年収は291万円で、40代後半になると267万円まで下がります。

ただし、これらの業種は非正規雇用が多く、市場の競争も激しいため低所得になりやすいのは仕方ないのかもしれません。

年収700万円以上の40代が多い業種

40代で一番平均年収が高い業種は「電気・ガス・熱供給・水道業」で、40代前半の平均年収は774万円、40代後半になると平均年収は906万円まで上昇していました。

これらの業種は専門性が高く、独占市場になっていることが多いため年収も高くなりやすいようです。

また、労働組合を備えている企業が多く、労働条件や給与に関して強力な交渉力を持っている点も大きく影響しているようです。

以下の記事では大手電力会社の平均年収を調査していますので、これらの業種の凄さを確認してみてください。

地域によって40代の年収は違う!

地方の平均年収は一般的に大都市圏と比較して。どうしても低い傾向にあります。

例えば、地方では、農業、林業、漁業などの第一次産業や中小企業が多く存在します。

これらの業種は、大都市圏の金融業、IT産業、製造業と比較して収益性が低いため、平均年収も低くなりがちです。

また、大都市圏には大企業やグローバル企業の本社が集中しているため、高収入の職種が多いですが、地方には中小企業が多くいため、平均年収も低くなってしまうようです。

総務省のデータによると、東京都の平均年収は全国平均を上回る約620万円程度ですが、地方ではそれよりも低い水準となっていました。

例えば、秋田県や沖縄県などの地方では、平均年収が400万円前後となるようです。

つまり、地方在住なら40代手取り25万円でも決して低い金額とは言えないということです。

ムネオ
ムネオ

ワシは東京で働いてるYO!

40代手取り25万円でも豊かな生活は可能?

40代で手取り25万円は、平均年収から見ると確かに低い年収です。

しかし家族構成や生活水準によっては、十分に豊かな暮らしも可能なので、それぞれ場合分けして紹介したいと思います。

手取り25万円でも「配偶者の有無」で大きく変わる

基本的に結婚して配偶者がいるほうが豊かな生活が送れます。

家族がいれば何かあった場合に助けてもらえる安心感もありますし、夫婦共働きなら収入も倍になります。

また、家賃や食費なども折半出来ますので固定費が下がります。

二人暮らしなので少し広い住居に住む必要もありますが、同じ価値観の人同士が結婚すれば独身の時と比べて2倍の家賃になることは考えにくいです。

ヘタ・レイ
ヘタ・レイ

そのため、配偶者がいて共働きなら夫婦ともに手取り25万円でも問題無く生活できることでしょう。

しかし、子の有無で家庭の支出には大きな違いが出ますので注意が必要です。

子どもがいる家庭では、まず養育費が必要です。

食事や衣類の購入、教育費、おもちゃなどの費用がかかります。

  • 養育費:食費、衣類、医療費、おもちゃ代などが含まれます。特に子どもの成長とともに食費や衣類費が増加する傾向があります。
  • 教育費:保育園から大学までの教育費は、公立か私立かによって大きく異なります。文部科学省の調査によると、子どもを大学まで進学させるには最低でも1,000万円以上が必要です。特に私立学校の場合、この費用はさらに増加します。

また、子供がいる場合、共働きでも夫婦のどちらかは非正規雇用になるケースが多く、世帯年収も大きく下がってしまいます。

子供の人数にもよりますが、これらの費用を賄うことを考えると手取り25万円では厳しいと感じる家庭も多いはずです。

手取り25万円でも「住居の有無」で大きく変わる

賃貸住いや住宅ローンがあると、生活費が増えるため手取り25万円では厳しい生活になります。

しかし、実家暮らしなら家賃がかからないため生活は確実に豊かになります。

仮に子供がいたとしても、これなら貧しい生活になることはほぼ無いはずです。

親から様々な支援も受けられますし、手取りが低い40代なら実家暮らしという選択肢も有りだと思います。

「こどおじ、こどおば」なら余裕

金銭的なことだけ考えるのであれば、普通に社会人として働いている「こどおじ・こどおば」が最強です。

こどおじ・こどおば

子供部屋おじさん(子供部屋おばさん)のことです。

実家の子供部屋に暮らし続けている独身の中高年の男性・女性のことを指す日本のインターネットスラングで、ニートや無職に限らず働いている人も含まれます。

働いてるため収入はありますし、家賃がかからないため貯金も出来ます。

最近では生涯未婚の人も珍しくないため、手取り25万円でも実家暮らしなら余裕で生活出来るということです。

ムネオ
ムネオ

実はワシもこどおじなんだよね

40代手取り25万円の人が収入を増やす方法

40代で手取り25万円が少ないと感じたら、現状でできる収入アップの方法を考えてみるのも一つの手です。

以下に、具体的な方法とそれぞれのメリットについて詳しく説明します。

副業で収入を増やす

現在の勤務時間が短い場合、副業を考えてみるのも良いでしょう。

副業を通じて収入を増やす方法は多岐にわたります。

副業の種類
  • ライティング
  • デザイン
  • プログラミング
  • 配達
  • ブログ執筆
  • 動画作成

最近では、副業を推奨する企業も増えてきており、副業によっては本業を超える収入を得ることも可能です。

副業禁止の企業でも年間20万円以下であれば確定申告しないためバレませんけどね(実体験)

ヘタ・レイ
ヘタ・レイ

ちなみに私がオススメする副業は在宅ワークとuber eats です。

実際に私もやったことがありますが、どちらも時間に囚われずに働くことが出来ますし、特別なスキルが無くても始めることが出来る副業となっています。

【関連記事】在宅ワークでお金を稼ごう!

【関連記事】私のUber Eats 配達日記

転職で収入を増やす

これまでの経歴にもよりますが、転職することで収入を増やすことも可能です。

転職すると収入ダウンするイメージがありますが、最近は人手不足が深刻な事態となっており、人材確保のために待遇の良い求人が増えています。

そのため、40代でも転職によって年収アップするケースも多いにありえます。

もし転職で年収を上げたいなら、転職エージェントの利用がオススメです。

企業と年収の交渉をしてくれるため、転職によって年収アップを狙いやすいです。

中高年にオススメの転職エージェントはリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは幅広い年齢層に対応しており、しかもオールジャンルの職種を取り扱っているため希望の会社が見つかりやすくなっています。

➡リクルートエージェントで求人を確認する

最後に

この記事を読んで頂ければ、40代で手取り25万円という収入が負け組かどうかは、一概には決められないということがおわかり頂けたと思います。

重要なのは、自分自身のライフスタイルを満足させるためだけの年収を稼げているかどうかではないでしょうか。

また、収入だけに焦点を当てるのではなく、生活の質や将来の目標に目を向けることも大切です。

ムネオ
ムネオ

んー、出来ればもう少し年収を上げたいな。

ビルメンテナンスのお仕事なら資格を取得すれば給料が上がる可能性もありますね!
資格取得を頑張ってみてはいかがでしょうか。
【関連記事】ビルメン資格一覧!4点セットから三種の神器まで徹底解説!

ヘタ・レイ
ヘタ・レイ

コラム40代,年収